クールでかっこいいMTテンプレート Ver.12

レスポンシブWEBデザインで、PCやスマートフォンなどのデバイスに対応して最適表示を実現た『新MTテンプレート Ver.12』
また、各テンプレートにスライダーやランキング・パーツウィジェットを添付しています。



>>>クールでかっこいいMTテンプレート Ver.12









クールでかっこいいMTテンプレート Ver.12

レスポンシブWEBデザインで、PCやスマートフォンなどのデバイスに対応して最適表示を実現た『新MTテンプレート Ver.12』
また、各テンプレートにスライダーやランキング・パーツウィジェットを添付しています。



>>>クールでかっこいいMTテンプレート Ver.12









クールでかっこいいMT&WordPressテーマ Ver.12

色変更や表示設定等のカスタマイズをWordPressの管理画面で可能にした「クールでかっこいいWordPressテーマ Ver.12」
WPテーマには専用のスライダーやウィジェットを追加するプラグインを添付、MTテンプレートでは、各テンプレートにスライダーやウィジェットを組み込んでいます。
レスポンシブWEBデザインで、PCやスマートフォンなどのデバイスに対応して最適表示を実現しています。


>>>クールでかっこいいMT&WordPressテーマ Ver.12










クールでかっこいいWordPressテーマ Ver.12 & Ver.11

色変更や表示設定等のカスタマイズをWordPressの管理画面で可能にした「クールでかっこいいWordPressテーマ Ver.12」
レスポンシブWEBデザインで、PCやスマートフォンなどのデバイスに対応して最適表示を実現しています。
また、専用のスライダーやウィジェットを追加するプラグインを添付しています。




>>>クールでかっこいいWordPressテーマ Ver.12 & Ver.11








クールでかっこいいMTテンプレート Ver.12 & Ver.11

レスポンシブWEBデザインで、PCやスマートフォンなどのデバイスに対応して最適表示を実現た『新MTテンプレート Ver.12』
また、各テンプレートにスライダーやランキング・パーツウィジェットを添付しています。


>>>クールでかっこいいMTテンプレート Ver.12 & Ver.11




1secrecoveryR




システム&データを1秒で復旧します!(*)
1SecRecoveryRは、PCのCドライブ内のWindows,アプリケーション、データフォルダー・ファイルや全ての設定を保護し、システムクラッシュやデータ消失が起きたときに、以前の正常な状態に、1秒で復旧します。1SecRecoveryRは、システム&データリカバリーソフトウェアです。
(*) システム&データを、ユーザが作成したセーブポイント時点に復旧します。

■推奨システム仕様
CPU:IntelRPentiumR4 2.0Ghz(或いは互換プロセッサ)以上
メモリ:1GB以上
HDD空き容量:30GB以上(少なくとも、連続した2GBの領域を含め、10GBの空き容量が必要)
ファイルシステム:NTFS
サポートするOS:MicrosoftRWindows XP / Windows Vista / Windows 7 / Windows 8(32bit / 64bit)

■対応していないシステム
マルチブートシステム
WindowsがC:ドライブ以外のパーティションにインストールされているシステム
C:ドライブを含むディスクが、ダイナミックディスクに設定されているシステム
C:ドライブ以外のパーティションから起動するように設定されているシステム
C:ドライブが論理パーティションに設定されているシステム
システムBIOSがINT13h Extensionをサポートしていないマザーボードを搭載したシステム


>>>1secrecovery®







BacklinkGO(アクセスUP、SEO対策)

今回ご紹介するソフトは

好きな時に好きなだけバックリンクを獲得でき

完全全自動で使って頂けるオリジナルバックリンクソフト

「BacklinkGO」です


何やらあの世界的大ヒットのゲームにあやかった感じになっていますが

いたってまじめでちゃんとしたバックリンクソフトとなっていますので

最後まで是非お読みください




インフォトップ売上ランキングでも堂々の第1位を獲得しました




まず、このソフトの特徴をさらっとお伝えしますと


こんな感じになります

とにかくあれこれと、無制限に使って頂けるようになっております


>>>BacklinkGO(アクセスUP、SEO対策)













WEBコンサルタントが作成したSEO特化型テンプレート「SEOアマテラス」




テンプレート【アマテラス】は、10年以上のキャリアを持つ九州のWEBコンサルタント国武 直樹と10年の間、前線で制作を続けているウェブデザイナー本田 清士が、2年をかけて共同で開発したSEOに特化したテンプレートです。
ご存知の通り、現代のSEO業界はアップデートやペナルティなどの問題により、リンクを購入するという従来の外部SEO対策では上位表示をすることができなくなってきました。
そこで、最前線で戦い続ける二人の専門家により、このテンプレート【アマテラス】が誕生いたしました。

アマテラスは最新のSEO技術やWEB集客論に取り組んでおり、Googleアップデートの影響を受けない構造を意識しています。
しかし、ご存知の通り、現在SEOに強いテンプレートというものは数多く存在します。
中には、何年間もメガヒットをだしているものも存在します。
ですが、なぜその構造がSEOに強いのかと言うことがわからないまま作られていたり、デザイン性や使いさすさなどについてはあまり考慮されていないものまで存在します。

アマテラスが目指すのは、
誰でも簡単に導入でき、簡単に集客できること、
そんな当たり前のこだわりなのです。
そのためにも、テンプレート【アマテラス】には、最先端のWEB業界における情報やノウハウ、反応がとれるホームページの作り方、SEO対策と言った『集客マニュアル』や、ネット集客・SEO・ホームページ制作・カスタマイズなどに関する最新情報を共有する『サポートフォーラムの利用権』も付属させています。



>>>WEBコンサルタントが作成したSEO特化型テンプレート「SEOアマテラス」




【お客様の声価格】バナーのデザインと作り方(フルセット)



■特徴
マニュアルが整備されていないのが弱点だった、無料高機能画像編集・加工ソフトGIMP。その基礎から応用までを、動画を使い実際の画面をご覧いただきながら解説したのがこの教材です。


■ここが一押しポイント
「実践編」では、実際に使われているいくつかのバナーを参考に、それをどのように作っていくか、といった具体的は作り方も紹介しています。GIMPをマスターすれば、例えデザイン初心者であっても魅力的なバナーが作れてしまうでしょう。


■こんな方におススメ
オリジナルのバナーを作りたいけど、ソフトを買うなどコストはかけたくない、という方もいらっしゃいます。そんな方は『GIMPマスター動画マニュアル』でその使い方を極めていただくとよろしいのではないでしょうか。


>>>【お客様の声価格】バナーのデザインと作り方(フルセット)












【お客様の声価格】バナーのデザインと作り方(pekiセット)



本教材は、全体を大きく2つのパートにわけました。
第1部でWEBデザインの基礎を、第2部では、具体例を挙げながら、
どのように実践すべきかをご紹介します。

【 第1部 】
バナーとデザイン、
その考え方を知る!
本パートでは、サイトデザインの考え方、バナーやヘッダーなどを
作成する際、必ず理解しておくべきことをお話します。

もしかしたら、あなたが良かれと思っている
さまざまな工夫が、マイナスに働いてしまっているかもしれません。
そうならないよう、努力を成果につなげる方法を知ってください。
バナー作りで押さえるべき2つの型
バナーは、その使い方により大きく2つにわかれます。
ところがこれを混同している人が少なくありません。

これを知らずにいると、ムダな作業が増えてしまいます。
まずはその違いを知ることからスタートしましょう。
バナーとブログ・ホームページの密接な関係
バナーやヘッダー、さらにはロゴなど、サイト上の各種デザインは
その全てが、ページの魅力を高め、お客さんの滞在時間を伸ばし、
見せたいページに誘導するための部品に過ぎません。

部品ですから、単体のでき具合以上に全体の中の役割を考える必要があります。
それをせずに配置すれば、効果半減かもしれません。

では、どういった点に気をつければいいか。
しなければならないこと、してはいけないことを押さえましょう。
滞在時間、クリック率を
大きく左右するデザイン
良い商品・サービスさえ提供すれば、売れるでしょうか。
価値ある情報さえ書けば、勝手に読んでくれるでしょうか。

良い商品・サービス、価値ある情報提供は大切ですが、
それだけでは人に伝わりません。

価値を伝えるのもデザインの大切な仕事。
人を引きつけるバナーやヘッダーは、価値を伝えます。

では、価値を伝える際、どのような点に気をつければ、
滞在時間が増え、クリック率が高まるのでしょう。
デザイン力アップには、そういった知識も欠かせません。
バナーにおける“驚きの真実”とは・・・
バナーを作る際、忘れてはいけないことがあります。
“驚きの真実” とはいったいなんでしょう。

これを実践できていない人が本当に多いです。
結果として、バナーがあまりクリックされません。
そんなミス、あなたはしないでくださいね。
その他、細かくはここでは書ききれません。
第1部では、サイト運営に必要なデザイン関連の知識を一通り学べる、
と考えていただければよろしいと思います。



【 第2部 】
バナー作成過程から知る、
5つのポイント
バナー・ヘッダーなどを作る際、知っておくべき5つのポイントがあります。
それらを押さえるのはもちろんですが、その順番もまちがってはいけません。

本パートでは、たくさんの例をご覧いただきながら、実際の手順に沿って、
そのコツ、ポイント等を紹介します。

明日から使えるテクニック満載でお伝えしますので、
サイト作りにばんばん活かしてください。
成果を左右する『バナー作成3原則』
バナーやヘッダーを作る際、必ず最初にすべきことがあります。
それが第1原則として紹介する内容。
これを忘れると、あなたの取り組みが無意味になるかもしれません。

第2原則は、バナー・ヘッダー作成後の話です。
おおむね1週間を目途に、あるデータを収集。
その意味することをしっかりつかんでください。

その上で第3原則に移ります。
ここで重要なのが、“あなたの○○”。
その考え方から実際まで、かみくだいてお伝えします。
お客さんを明らかにする『3つのステップ』
あなたが提供する情報、あるいは商品・サービスを
求めるのはどのような人ですか。

僕はこれまでたくさんのサイト運営者に接してきましたが、
お客さん像をきちんと把握できていない人がすごく多いな、
というのが正直な感想です。

正確にいえば、サイト運営者が「こうだろうと考えるお客さん像」と
「実際にサイトを訪れているお客さん」が一致していない、ということ。

なぜそのようなことが起こるか。
防ぐにはどうすればいいか。

お客さんを明らかにする『3つのステップ』を通じ、
あなたも実際にサイトに来るお客さんがどのような人達か
しっかりつかんでくださいね。
これさえ知れば、
名コピーライター『キャッチコピー7大戦略』
バナーやヘッダーを作る際に必要となる
スキルの一つにキャッチコピー力があります。
といっても、難しく考える必要はありません。

コピーライターを目指すなら別ですが、そうでないなら、
基本さえ知れば、十分に魅力的なコピーを作りだせます。
それを体系化したものこそ、『キャッチコピー7大戦略』。

例えば、「恐怖や不安をあおる」
というのもその方法の一つです。

なぜそのような方法が効果を発揮するか。
どのような場面でそれを使うといいか。
具体的にはどういった使い方をするか。

人の心理状態なども交えながら、紹介していきます。
ここで学ぶ内容は、あなたの普段の文章作りにも役立つはずです。
事例を使ったバナー作成法その1
『5つの戦術』
『5つの戦術』とは、具体的には、
使いや素材選定、余白の決め方などのこと。

色を例にとれば、その組み合わせだけでなく、
ページ全体との相性、あなたが来て欲しいお客さんと合っているかなど、
考えるべき点がいくつかあります。

これを知らずにデザインすると、極端な場合、
あなたのサイトを見た瞬間、お客さんが不快な思いをするかもしれません。
戦術は、バナーやヘッダー作りにおける大切なテクニック。
その意味含め、一つひとつ確認していきましょう。
事例を使ったバナー作成法その2
『バナー形態別戦術』
この章では、バナーに限った話をお伝えします。

「バナーはクリックされてこそ価値を発揮する」という点では、
全てが同じ目的を持ちますが、その作りに関しては、
大きく2つにわけて考えなければなりません。

一つが「見出しバナー」、そしてもう一つが「広告バナー」です。
それらはなにが違い、どのように使い分けるか。
作成に際し、どのような点に気をつけるべきか。

人物画像が加わる場合、少し違ったチェックが
必要となりますが、それは具体的にどのようなことか。
実例をご覧いただきながら、解説いたします。
バナークリック率を高める秘術
バナーのクリック率を高めるために知っておくべき考え方の一つひとつは
決して難しいものではありませんが、ピンポイント的に
押さえておきたいテクニックもあります。

もちろん、それらも全てあなたにお伝えします。
時に秘術を使い、見込み客をさりげなく誘導してください。
その他、第2部では、
WEBデザインを実践していく上で、
知っておいていただきたいことを、
超具体的にお伝えします。
このように「バナーのデザインと作り方」をご覧いただきますと、
WEBデザインに関する基礎から応用までを一通り学べ、
例えデザインの素人であっても、すぐに実践に移せる、ということです。



>>>【お客様の声価格】バナーのデザインと作り方(pekiセット)